ご家族の声

RPMに出会わなければ息子に年相応の知能があるとは微塵も考えられなかったと思います。ワークショップで直接御指導頂いてから家庭でのレッスンも以前より順調に進められるようになりました。   〜Kmamaさん(埼玉県)


RPMを五歳の息子が初めてうけました。慣れない環境で混乱し、途中からは泣き通しでしたが、それでも先生の問いかけに二択で選択して答える場面もありました。 RPMの優れていると感じた点は、学習する姿勢だと感じました。ご褒美などでモチベーションを上げるのではなく、常に色々な感覚を刺激してチャンネルを探すやり方に、可能性を感じました。 〜M.O. さん(神奈川県)


ノンバーバルの息子と少しでもコミュニケーションが取りたいと思い、RPMのワークショップに参加しました。 知能検査の結果やスティムだらけの息子の行動から彼の知性を常に疑っていましたが、実際にセッションを受けてみるとその認識が間違っていた事に気付かされました。息子には健常児と変わらない理解力が有り、親の想像以上に色々な事を吸収していた事が目に見えて実感できたのです。 RPMによって私達親子の未来が大きく開かれ、ワークショップに参加出来て本当に良かったと思っています。〜S.F.さん(神奈川県)
___________________________________________________________________________________
インターネットや本で読んだ事を参考に、重度に近い自閉症の我が子(8歳)と2人でRPMにチャレンジしてきました。幸いな事に子どもが文字盤を使える様になってきたものの、これから一体どうしたら効率良く年齢相応の学習をさせたり、自由な発言を広げる指導をできるのか思い悩んだ状態でワークショップに参加。個人レッスンやレクチャーを通して、子どもが例えば逃げていても、又は目の前で指をひらひらさせていても、授業内容を理解しているならそのままの状態でレッスンを続けさせていい事や、あえて写真やイラストを前もって用意せずに良いレッスンを行える事など、いろいろと教わりました。先生のレッスンを受ける我が子を見て、今までの私の考え方には、教える側の勘違いや思い込みがあったのだなと痛感し勉強になりました。 ワークショップのおかげで改めて、「知的障害」のレッテルを貼られている人達にも知性があると感じられ、とても勇気づけられました。また、以前よりもずっと柔軟で軽やかな気持ちで子どもに勉強を教えられる様になったので、嬉しく思っています。〜K.M.さん(東京都)

____________________________________________________________________________________

レッスンを受けてみて、始めから息子(10歳)が鈴木先生のお話を聞いているのがわかり驚きました。普段のSTなどでは落ち着かないこともあるのですが、RPMではイスをガタガタさせたり何かを我慢している様子もなく難しい内容にも耳を傾けていました。教えてもらうことがうれしい様子で、私は胸がいっぱいになりました。学ぶことはうれしいことなんだと感じました。
息子は自閉症ではありませんのでRPMが合うのかどうか心配でしたが、実際にレッスンを受けてみるとRPMがよく考えられた素晴らしい学習方法だということがわかりました。そして本を読んだ時にはよくわからなかったことや難しく感じていたこともレッスンを受けることで明解になり、その後自分でもやってみようというモチベーションにつながりました。子どもにはいろいろなチャンネルがあるのだと知り目が開かれた思いです。学校のやり方ではアクセスできなかったところにもRPMの方法でなら理解の扉を開くことができるのかもしれない、という可能性に触れることができたレッスンでした。親子ともども本当に得難い経験だったと思います。
心から感謝いたします。ありがとうございました。〜R.T.さん(尼崎市)

_________________________________________________________________________________

子どもの知性や可能性は信じていたものの、生活面での「療育」ということしか頭になく、今回『教育』という言葉を聞いて目からウロコ!でした。コミュニーケーション能力を…と思いつつも知識を広げていない。何事も経験だと色々なことをやってきたものの、どこか中途半端。子どもの力を信じているつもりでしたが、一番疑っていたのは私かもしれませんね。

なぜ?なに?知りたい!と思っていても教えてくれない。その中で、子ども自身は、テレビからラジオから等々自ら学んでいたかもしれません。視覚・聴覚・触覚・運動のそれぞれを使ったRPMの教育法。「毎日5分でもいいから」との先生の言葉。これからは、毎日こつこつ子どもと一緒に学んでいきたいと思います。〜T.Y.さん(尼崎市)

_______________________________________________________________________________

11才の息子がRPMレッスンを受けました。歩き回ったり、そっぽを向いていても先生のお話はしっかり聞いている様子があり、こういう子供の特性に合わせた本当に合理的な方法であると実感しました。これまで子供の勉強のことよりも、発語やコミュニケーションの向上を目標にしていましたが、「年齢相応の教育を受けさせることによって、結果としてコミュニケーションや言葉が向上する」という先生のお話に、確かにそうだと納得できて、新たな希望を持つことができました。RPMと出会うことができて本当に良かったと思います。〜K.S.さん(尼崎市)

____________________________________________________________________________

目からウロコがポロポロのお話でした。

言葉の発達に、教育が大きく関わっているということを改めて感じることができました。これからの、障害児教育にも大いに役に立つメソッドと期待してます。

もちろん、年齢に関係なく、大人の障害者も楽しみながらやっていけるメソッドと思います。 〜T.K.さん(尼崎市)

____________________________________________________________________________

娘は38歳。30歳を過ぎてからもまだまた成長をしていると感じ何かできるのではないと思っていた時に偶然RPMを知り、麻子先生を日本にお招きし個人レッスンと講演会を開くことができました。なんとラッキー!

個人レッスン、講演会と夢のように過ぎていきました。

まだまだ私の教え方では十分ではありませんが、ステンシルを見ると「英語する」と言ってくれます。学ぶということはいくつになってもうれしくて楽しくて何より本人の自信に結びつきます。

そして、娘に教えるため下調べをするので、結果的に私自身にも知識が増えていくのです。娘のおかげで私の学びにもなっています。

これからも無理なく続けていき、親子でいくつになっても成長できるねと喜びあいたいです。

〜M.I.さん(尼崎市)

_______________________________________________________________________________

どんな事をするのかワクワクドキドキでした。1回目のレッスンの時はかなり緊張していましたが2、3回目とやっていく中でローマ字も理解出来て来たようでステンシルで文字をさせるようになって来ました。 31歳ですがまだまだやれるという可能性を感じることが出来てRPMに出会えた事に感謝します。 ありがとうございました。             〜K.I.さん(尼崎市)

_________________________________________________________________

今回、RPMのレッスンを受講し、いろんな受講者の皆さんの反応を目の当たりにし、「知的障害」という概念が根底から覆される現実が来るかもしれない、という希望が確信に変わりました。「僕は考える木」の第2、第3のティト君が日本にもたくさん現れる日が来るのだ、と思うとワクワクしてきます。
私たちは一般の方々に知的障害を啓発するワークショップを開いているのですが、その中でも少しずつ言及していきたいと思います。
社会の認識が変わり、誤解されている人たちが一日も早く救われるように、広めていきたいと思います。〜Y.T.さん(尼崎市)

________________________________________________________________

今まで受けていた研修と違い 希望の持てる内容でした。息子の意志 気持ちが見えにくい中 自ら出せる可能性、又年齢関係なく今すぐ出来ること。
もちろん親も一生懸命がんばるのが前提ですが 日常の接し方も少し変えただけでも 少しの変化が見れました。これからの未来はどう成長していくか わかりませんが 希望がある限り頑張りたいと思います!!   〜
M.I. さん(尼崎市)