プロフィール

こんにちは。鈴木あさこのプロフィールです。

私は1997年から米国で音楽療法士として、主に自閉症の子供や大人を対象に仕事をしていました。のちに子供が生まれ、自閉症と診断されました。娘の発語は非常に限られていて適切な受け答えができないために、物事をほとんど理解していないというのが周りの見解でした。娘が9歳の頃にRPMの存在を知りました。ソマ・ムコパディエイの「Understanding Autism Through RPM」を読み、当時幼稚園レベルのことを繰り返し教えられていた娘に年齢に近い内容を教え始めました。手応えを感じたので、RPMのやり方でさらに練習を重ねた結果、娘が文字盤をさして言葉を綴れるようになり、彼女の理解力に全く問題はないということがわかりました。さらにその後練習を続け、キーボードを一人で打つこともできるようになりました。

2015年にソマのトレーニングを受け、地元の生徒にRPMで教えるようにもなりました。日本でも2017年にRPMワークショップと講演会を行いました。今後も日本の皆さんにRPMを知っていただくための活動を続けていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。