LLAのサービスについて

いわゆる重度自閉症で発語による会話ができない人でも、その人の年齢にふさわしいことを学ぶことはできます。ライフタイムラーニングは、自閉症とその他の障がいを持つ方たちの学びを応援します。

ラピッド・プロンプト法(RPM) を使えば、発語のない人でも年齢レベルの内容を学ぶことができます。また教えられたことを理解しているということを、文字盤の上で示すことができます。ライフタイムラーニングは、個人レッスン、ワークショップ、ご家族の方のサポートなどで、自閉症または他の障がいのある方たちがRPMで学ぶためのお手伝いをします。

また障がいにより、標準的なピアノのレッスンで学ぶことが難しい人でも、その人にあったやり方であればピアノを習うことができます。ライフタイムラーニングは、生徒一人ひとりに合わせたメソッドでピアノのレッスン(米国のみ)を提供します。